用語解説

レコメンデーションエンジン

ショッピングサイトなどでユーザの好みを分析し、各ユーザごとに興味のありそうな情報を選択して表示する推奨エンジン。サイト訪問者がほしい情報にすばやくアクセスでき、結果としてPV(ページビュー)やCV率(コンバージョン率)を高める効果が期待できる。

協調フィルタリング

多くのユーザの嗜好情報を蓄積し、あるユーザと嗜好の類似した他のユーザの情報を用いて自動的に推論を行う方法論。レコメンデーション技術としては、行動や閲覧の履歴に基づく確率計算でおすすめを表示するので、何度も購入、閲覧されるものほど高く評価される結果、 全アイテムのうち人気上位アイテムに偏ったレコメンデーションを表示する傾向がある。

複雑ネットワーク

現実世界に存在する巨大で複雑なネットワークの中の普遍的な共通特性について研究する学問。各要素間の関係に注目し、その関係が変化していくダイナミクスと、大量にデータを集積した時に生じる自己相似型の構造特性を利用して、嗜好の類似したユーザ同士やアイテム群を抽出すべく仮想的な“コミュニティ”を作り出す。よりユーザの好みに合致しなおかつ意外性のあるレコメンデーションを表示できるデクワスのレコメンデーション技術の根幹を成す理論。

クロスレコメンデーション

複数サイトを結び付けたレコメンデーション。たとえば、ECサイトとSNSサイトの両方に導入することで、嗜好性の類似したユーザにターゲティングし、SNSサイトからECサイトへ送客して売上に繋げることができる。

コンバージョン率

全サイト訪問者数に対して実際に取引に結びついた人の割合。商品購入、ユーザ登録等、何らかの取引・アクションをとってもらうことを目標とするサイトのパフォーマンスを測定する指標。

サイト内回遊率

1ユーザーがサイト内のページをどれだけ閲覧したかを測定する指標。同じサイトへ流出入しているユーザーの数の、そのサイトの月間ユーザー数全体に占める比率として算出される。

直帰率

ウェブサイトに訪問した人が、入口となった最初の1ページ目だけを見て、サイト内の他のページに移動せずにサイトから離脱(ブラウザを閉じたり、他のサイ トに移動してそのサイトを退出すること)してしまう割合。

離脱率

直帰率が最初の1ページ目で退出してしまった人の割合を表すのに対して、「離脱率」は最終成果にまで至ることなくサイトを退出してしまった人全体の割合を指す。

ASP

アプリケーションサービスプロバイダ(Application Service Provider)の略。何らかのアプリケーションをインターネット経由のサービスとして提供する事業者。

ロングテール

インターネットを利用したネット販売などにおいては、膨大なアイテム(商品)を低コストで取り扱うことができるために、ヒット商品の大量販売に依存することなく、ニッチ商品の多品種少量販売によって大きな売り上げ、利益を得ることができるという考え方。米『Wired』誌編集長であるクリス・アンダーソン (Chris Anderson) によって提唱された概念。

Cookie

Webサイトの提供者が、Webブラウザを通じて訪問者のコンピュータに一時的にデータを書き込んで保存させるしくみ。Cookieにはユーザに関する情報や最後にサイトを訪れた日時、そのサイトの訪問回数などを記録しておくことができる。レコメンデーションエンジンのみならず、ユーザ認証、広告等様々な分野で活用されている。